ブリのポン酢焼き
焼き時間は5分程!簡単でものすごく美味しいぶりのポン酢焼きのレシピです。表面に小麦粉をまぶし、両面を強火で焼いてから極弱火で酒蒸しにすることで、ブリの旨味をぎゅっと閉じ込め、短時間で驚く程ふっくらと美味しく仕上がります。ポン酢だれはポン酢と砂糖を混ぜることで照り焼き風の味に。

材料(2人分)

ぶり
2切れ
大1
小麦粉
大1
◎砂糖(たれ用)
大1
◎ポン酢(たれ用)
大2

作り方

ブリをポリ袋に入れて小麦粉をまぶしている写真

下準ブリは表面の血合いをキッチンペーパーを軽く押しあててとる。ポリ袋に小麦粉とブリを入れ、空気を含ませまんべんなくまぶす。◎は混ぜておく。

ブリをフライパンで焼いている写真

1フライパンを強火で1分弱熱し、充分に熱くなったら、余分な粉をとってブリを入れ、強火のまま1分焼く。(油と蓋は不要)

ブリの反対側も焼いている写真

2ひっくり返して強火のまま1分半焼く。

ブリにつまようじを刺している写真

3火を極弱火にして、酒大1をふり、すぐに蓋をして2分焼く。2分経ったらつまようじを軽く指して、すっと奥まで刺せたら大体火が通っているので4へ。まだなら蓋をしてさらに1分程焼く。

ポン酢だれをかけたブリ

4混ぜておいた◎を回しかけ、少し火を強めて(強弱火)、両面に絡めたら完成。

コツ・ポイント

  • ブリの厚みが2㎝くらいまでなら、酒蒸しの時間は2分で大丈夫かと思います。3㎝くらいあるものは2分~3分かかるかもしれません。
  • もしも食べてみて中が生だったら、お手数ですが皿にふんわりラップしてレンジで30秒~1分づつ加熱してください。連続して長時間かけると皮がはじけることがあるのでご注意ください。
  • ブリの向きですが、タレを絡めるところで最終的に皮目が上にくるようにすればいいので、どちら側から焼き始めても大丈夫です。

レシピについて

こんにちは!
来てくださりありがとうございます。

このぶりのポン酢焼きはとってもおすすめのレシピです。

短時間でラクに作れ、身の柔らかさや美味しさが格段にグレードアップした仕上がりになります。

ぶりって、個体によって厚みも違うし、どうしても表面が焦げたり、中が生だったり、身が固くなってしまったり、パサパサになってしまったりしませんか?

私はそうで、毎回焼くのに時間がかかるうえに、美味しく作れないこともあり、ついついスーパーでも敬遠しがちなお魚でした。

それで色々調べたのですが、ブリは5分以上加熱すると脂が溶けだし旨味が流れ出てしまうそう。

そこで、旨味を閉じ込めて5分以内くらいで焼く方法を色々と試しだし、辿り着いた方法がこのレシピです。

まず表面に小麦粉をまぶして両面を強火で焼くことで、旨みの流出を防ぎ、極弱火で酒蒸しにすることで、短時間でもしっかり中まで火が通るようにしました。

たれは照り焼きでももちろん美味しいんですが、今回はいつもとちょっと違った味で、かつより簡単に作れる味付けを、と思いポン酢だれにしました。

砂糖が入っているので照りも出ますし、ポン酢と砂糖を混ぜるだけなので超ラクちんでおすすめです。

照り焼き風のコクがありますが、ポン酢がベースなのでさっぱりさもあってとっても美味しいですよ。

このレシピが完成してからは、焼きブリも気楽に食べられるようになり、食卓にのぼる回数もぐんと増えました。

とってもおすすめですので、よろしければぜひ一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう