トマトとほうれん草のカレー
トマト缶と冷凍のカット野菜を使った包丁いらずの簡単カレーです。トマトとほうれん草から旨味が出るので、玉ねぎも不要。玉ねぎをみじん切りにしたり飴色に炒めたりする手間もはぶけ、思い立った時にぱぱっと作れてラクちんです。

材料(10~12皿分)

薄切り牛肉
200~300g
お好みのカレールー
1箱分
カットほうれん草(冷凍)
2つかみ分くらい
カットぶなしめじ
1袋
ホールトマト缶
1コ
箱記載の1箱分の水-400ml(トマト缶の分)

※↑例:ルー1箱使用の場合の水が1400mlなら、水の量は1000mlで作ります。

作り方

カット野菜とカレールー

下準今回は冷凍のカットほうれん草とカットしめじを使いました。生のほうれん草の場合は1束ご使用ください♪

鍋で牛肉を炒めている写真

1鍋にサラダ油を熱し、一度火を消してから牛肉を入れ余熱で炒める。こうすると焦げ付きにくくなります。

アクをとっている写真

2再び火を付け、赤いところがなくなるまで炒めたら分量の水を入れる。沸騰したらアクをとる。

トマトの水煮とほうれん草をしめじを追加した画像

3トマト缶の中身を手でつぶしながら入れ混ぜ、ほうれん草としめじも凍ったまま入れる。沸騰したら蓋をして弱火で10分程煮込む。

完成したトマトとほうれん草のカレー

4一旦火を止めてルーを入れ、溶けたら弱火でかき混ぜながら、とろみがつくまで煮込んで完成♪(もし固かったら水を少し足し調整してください)

コツ・ポイント

  • 市販の炒め玉ねぎや、100円で売っているカレーパートナーの玉ねぎ等を入れて頂いても美味しいです。
  • 牛肉は赤いところがなくなるまでしっかり表面を焼くと、旨みが閉じ込められ美味しく仕上がります。
  • トマト缶はホールトマトがおすすめです。カットトマトとホールトマトは使っているトマトの種類が異なり、ホールトマトはサンマルツァーノ種など、加熱することで旨みが引き出され、美味しくなるトマトが使われています。

レシピについて

こんにちは!そくめしです。
来てくださりありがとうございます。

このカレーのおすすめポイントは、

最小限の労力で、たくさんの量が作れること。

そして野菜がたっぷりで、体にいいことです。

カレー作りで一番大変な玉ねぎのみじん切りや炒め作業が省けるので、とにかくラクで気楽に作れます。

我が家で昔から一番頻繁に作っているカレーで、元々はカレーが苦手だった夫の為に考えました。

トマトがたっぷりでカレーとハヤシライスの間くらいの感じになるので、夫はこれでカレー嫌いを克服してくれ、今ではしょっちゅう食卓にあがるメニューとなりました。

最初はスーパーで売っている市販の炒め玉ねぎも入れていたのですが、ある時本場インドでは、玉ねぎを入れないカレーはごく一般的と聞き、はぶいてみたら意外と大丈夫だったので、それ以来入れずに作ることが多くなりました。(お時間に余裕があれば、もちろん入れて頂いても美味しいですよ♪)

今コロナの影響で、保存が出来る冷凍野菜を買われている方が増えている気がします。

このカレーは具材の全てを冷凍しておけるので、トマト缶とルーさえあれば思い立った時にぱぱっと作れます。(牛肉はレンジ解凍してから使ってくださいね)

よろしければぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう