夏野菜のカレー
レンジで簡単に作れる夏野菜カレーのレシピです。火を使わず玉ねぎなしで、材料を全て入れてレンチンするだけ!トマトとひき肉の旨みがぎゅっと凝縮されて、ナスやズッキーニは火を通したようにトロっと柔らか。本当にラクで簡単なのに、とっても美味しく作れます。日持ちしますので、1人暮らしの方もぜひ同量で作って頂ければと思います。おすすめです!

材料(2人分)

豚ひき肉(豚のみがおすすめ)
70g
カレールー(ゴールデンカレー)コツ参照
2コ
ミニトマト
7~8コ
ナス(小)
1コ
ズッキーニ
3~4㎝分
250cc

作り方

切ったミニトマトとナスとズッキーニ

下準ミニトマトは半分に、ナスとズッキーニは縦半分に切り、5mm程の厚さに切る。

耐熱容器に材料全てを入れた画像

1耐熱容器に全ての材料を入れる。なるべく全ての具材が水の中におさまるように(特にルー)全体をならす。肉の塊も軽くほぐす。

材料をレンジにかける画像

2ふんわりラップをして、レンジ(500w)で6分加熱する。600wなら5分。

レンジ加熱後の野菜や挽肉

3加熱が終わったら清潔なスプーンでルーが溶けきるまでしっかり混ぜる。この時点では不安になる程シャバシャバですが大丈夫!

完成した夏野菜カレー

4再度ラップをふんわりかけてレンジで3分(500w)加熱。600wなら2分半。取り出したら全体をしっかり混ぜて完成。

コツ・ポイント

  • 恐れ入りますが、カレールーは必ずS&Bさんのゴールデンカレーを使ってください。ジャワカレーとバーモントカレーで試したのですが、トロみがうまくつきませんでした、、。
  • ひき肉は豚肉を使うことが美味しさのポイントです。牛が入っていると脂分が出てべたっとなり、あまり美味しくありません。又、鶏だと味が出ません。70gだと少ないと感じるかもしれませんが、一番美味しく作れます。200g入りなら1/3くらいを目分量で分けて使って頂くと、測りもいらずラクです。
  • 工程3番でルーが溶けきるまでしっかり混ぜることが最大のコツです。この時点ではほぼお湯のような状態で、本当に大丈夫?と不安になるかもしれませんが、再加熱すると急にしっかりとろみがつくので大丈夫です。
  • ジップロックコンテナ等の耐熱タッパーでも作れますが、タッパーに色がつく可能性があります。ついても大丈夫な容器か、あれば耐熱ボールが一番おすすめです。

レシピについて

こんにちは!
来てくださりありがとうございます!

いや~毎日暑いですね~。
こう暑いと体もだるいし、料理が億劫になることもしばしばです。

今日はそんな時にこそぜひ作って頂きたい!!
「レンジで簡単!夏野菜カレー」です。

もうこれは自信を持っておすすめします。

レンジでカレーを作ったことない方は、本当にレンジでまともなカレーが出来るのか?

そくめしさんのはつくレポもないし不安だゾ・・・と思われるかもしれません。

ですが、大丈夫です!!

お鍋で作ったかのように、とっても美味しいカレーが作れます。

玉ねぎも入れないので、あのつらいみじん切りも必要ありません。

飴色になるまで炒める苦行も必要ありません!

10分足らずで作れます。

そしてレンジで作っているのにしっかりトロみもついて、めちゃくちゃ美味しいです。

1~2人暮らしの方や、ちょこっとだけカレー食べたいなぁという時にはもう全力でおすすめします。

お鍋も洗わなくていいですし、作った容器でそのまま冷蔵庫保存も出来ます。

とにかくラクで簡単、おすすめレシピですので、よろしければぜひ作ってみてくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう